Fleuriste





先週末の仕事終わりにヴァンソンから、
「Yoshio、お家にお花持って帰る?」
と…。

そして頂いたお花はこんなに立派なブーケ!

「ラッピングしていいよ。」
と言われたので、練習できるチャンスと思いラッピングさせて頂きました♪

やっぱり部屋に花があるとガラリと雰囲気が変わります。

ヴァンソン、ありがとう♪



そして最近考えていた事…。

フローリストとは…。

フランス語ではFleuriste(フルリスト)。

フルリストとは…とたまに考える事があり、その考える時間が好きだったりします。

日本にいた頃に、
「お仕事は何をされてますか?」
「花屋に勤めてます。」
と答えていました。

一見すると普通の会話ですが、僕にとっては深い内容が含まれていました。

「フローリストです」と言えるようになったのは最近の出来事。

花屋を経営してる企業に所属し、花を販売する…
というのが、先日までの自分。

流れ作業になったり、業務的になったりは、なるべくしないように働いてきたつもりではありますが、やはり企業である以上、業務である事に変わりなかったんです。

フラワーアーティストとかフラワーデザイナーとかになりたい…という訳ではありません。

作品を作りたい訳でもありません。

ただ自分らしい花屋になりたかっただけ。

「綺麗だなぁ」
「あぁ、この花の季節かぁ」
と思いながら束ねた花を、共有できる人達に広めていくお手伝いがしたいなぁ、と強く思いました。

何を言いたいか、わかりずらくてすみません。

でもようやく最近胸を張って、
「フローリストです!」
と言える何かを掴みかけてきました。

それは周りにいる素晴らしいフローリストの方々のおかげです。



仲の良い友人達には、ジョーダンっぽく社会不適合者と呼ばれてる自分。
でもこの社会不適合者な自分…嫌いじゃない(笑)

一歩前進した気がする。

僕の仕事はフローリストです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント