海外留学

IMG_1488.jpg

Bonjour!

ピヴォワンヌ(芍薬)の季節も間もなく終了かな…。
店頭のピヴォワンヌは、面白いお花と合わさってました。
クルクルしてるのはニンニクです!!香りもまさしく…。。。

そして夏を感じさせるヒマワリも入荷!
パリは今日から一気に暑くなってきました。(日本よりは、カラッとして過ごしやすいですが^^;)

IMG_1501.jpg

さて今日は、『海外で研修生として働くには!』をテーマに書きたいと思います!
あくまでも僕の体験談ですので、いろんな留学のプランがあると思います。
これから留学したいと思ってる方の参考に少しでもなればと思います。

まずは昨日のブログにも少し書いた、研修協定書についてです!
研修協定書(コンヴォンション・ド・スタージュ)=フランスで、研修生としてお仕事するために必要な書類。
この協定書は、大学や語学学校から発行してもらうものです。
フランスのスタージュ制度は、同一名義のお店で1回限り、最大3ヶ月間と決まってるそうです。
そのまま雇用される場合以外は、期間延長はできません。

そして昔は簡単だったようですが、今は短期滞在ビザでは発行ができないようです。(闇の裏技は別にして…。)
なので渡仏前に、学生ビザかワーキングホリデービザの取得も必要となります。

ちなみに僕は、研修先も日程も決まってたので、まずワーキングホリデービザを取得しました。
そして語学学校の在学期間と研修期間と合わせて、語学学校からの協定書の発行確約をしてから渡仏しました。

語学学校を選ぶ際は、協定書発行の可否の確認は必須です!
ちなみに語学学校への質問は、英語かフランス語になります。(日本語対応の学校もあります。話もスムーズですが若干割高な気がします^^;)

他の国のシステムはわかりませんが、どの国に行くにしても、若い方はワーキングホリデービザが絶対オススメ!!
学生ビザの方が費用がかかるので…^^;

今はネット社会なので何でもすぐに調べることが出来ますが、この協定書に関しては余り詳細が載ってないです。(僕の調べ方が甘いかもしれませんが…。)
少しでも参考になれば幸いです。

IMG_1489.jpg

IMG_1493.jpg

IMG_1503.jpg

暑くなるにつれて、爽やかな白やグリーンのお花に惹かれます。
そして今日は、元クリスチャン・トルチュの店長を務めていたアニーとお仕事の日。(土曜は基本的にアニーがローズバッドを任されてる日。)
研修生にも色々任せてくれる、アニーとの初勤務レポートは明日…♪

Bon weekend!!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント